1. 森林保険はどういうものですか?
    みなさまの森林が災害にあった時のための保険です。
    ・ 森林保険に加入いただいた森林に、災害によって損害が生じた場合、ご契約内容に応じてその損害を補てんする制度です。
  2. どんな森林でも加入できますか
    ?天然林などはできません。
    ・ 樹種、林齢、面積などに制限はありませんが、竹林や全く人手の入らない天然林は加入できません
  3. 誰でも申し込めるのですか?
    どなたでも申し込めます。
    ・ 森林の所有者であるなしにかかわらず、また、個人、法人を問わずどなたでも申し込めます。たとえば、市町村長や森林組合長などが森林所有者に代わって申し込むこともできます。
  4. 保険金を受け取ることができるのは誰ですか?
    森林の所有者です。 
    ・ 森林に損害が生じたときは、森林の所有者に保険金が支払われます。
  5. 災害が発生したときは?
    ご契約された内容に誤りがないかを保険契約証書でご確認のうえ、お申し込みをされた窓口(森林組合等)へお知らせください。
    窓口では、所定の【損害発生通知書」に必要事項を記入し、ご提出いただくことになります。
    書類の受理後あなた様又は代理人に立ち会いを求めたうえで、損害調査を行います。
  6. 災害の対象となる災害は?
    次の8つの災害により契約森林が損害を受けた時に保険金が支払われます。
    1. 火災  山火事で受けた損害
    2. 風害  暴風による幹折れ、根返りなどの損害
    3. 水害  暴雨、洪水による埋没、水害、流失などの損害
    4. 雪害  大量積雪による幹折れ、寝返りなどの損害
    5. 干害  乾燥による枯死などの損害
    6. 凍害  凍結、寒風などによる枯死などの損害
    7. 潮害  潮風、潮水浸水などによる枯死などの損害
    8. 噴火災 火山噴火による焼損、幹折れ、埋没、根返りなどの損害
  7. 保険金が支払われない場合はありますか?
    場合によっては支払われないこともあります。
    保険金は、契約された保険金額の範囲内で損害に応じてお支払いいたします。しかし、次の場合は支払われません。
    1. 損害が被保険者又は保険契約者の故意又は重大な過失によって生じたとき。
    2. 損害発生の通知を怠ったとき。損害発生日から3年を越えると時効になります。 (平成22年3月31日以前の契約は2年)
    3. 損害が戦争、変乱又は地震によって生じたとき。
    4. お支払いすべき金額が4,000円未満のとき。
  8. 保険金を受け取れない災害はありますか?
    次の場合は、支払いの対象にはなりません。 
    1. 倒木起こし等復旧可能な損害。
    2. 補植等の必要もなく成林に支障のない程度の軽微な損害。
    3. 立木の枯損の主たる原因が適地適木の誤りや苗木、植付けの不良等、明らかに造林技術上の欠陥又は病虫・獣害等によるものと認められる損害。
    4. 新植後おおむね6か月(秋植えにあっては、おおむね1か年)を経過するまでの間に活着不良等により通常生じる枯損による損害。
                                
                                詳しくは森林保険センターのホームページを御参照下さい。(下記にリンクを設定しております。)
                                                森林保険センターホームページ